過払い金の計算方法

消費者金融会社との取引で過払いが発生しているか、または、その発生した過払い金の総額などを、引直計算によって確認できます。多重債務者の場合だと、すべてを手作業で計算するのは非常に手間のかかる作業だと思います。そして、計算方法を間違ってしまうと、過払い金の最終的な総額に大きな差がでます。なので、実際に計算するのは専門家にお願いして、基本的な計算方法を理解しておくだけでもいいと思います。
自分ひとりで悩み続けるよりも過払い請求などに関しては専門家がいますのでまずは相談しましょう。

過払い金を計算してみよう

利息制限法(15〜20%)と出資法(29.2%)の金利差が、過払い金の発生する原因です。この金利差を一般的にはグレーゾーンといいます当然ですが、上限金利が高い出資法で計算する方が借金の返済額が多くなります。

消費者金融から100万円を借りたとします。出資法で計算すると、

100万円×29.2%=29万2,000円 

になって、1年間で29万2,000円の利息がつくことになります。

そして、利息制限法で計算した場合には、

100万円×18%=18万円

となって、1年間の利息は18万円です。この1年の利息の時点で11万2,000円(29万2,000円−18万円)の過払い金が発生しています。

過払い金を計算する時には、今までの支払いの返済額の金利をまず見てから、それを利息制限法の金利で引直計算をすることで、いったいいくらぐらいの過払い金があるかを知ることができます。

契約書や領収書を始めの取引からしっかりと保存している人は、その書類を元に過払い金の計算ができますが、捨ててしまっている人がほとんどだと思います。

過払い金を計算するのは、自分が借り入れている消費者金融などの業者への取引履歴の開示請求をすれば簡単に計算できます。たとえ過払い金を計算するのに必要な契約書や領収書を捨てていたとしても、消費者金融から取引履歴を開示することで、サラ金等の貸金業者が保存している顧客情報が利用できるわけなのです。

消費者金融等の貸金業者も会社組織なので、しっかり帳簿を作ってあります。顧客との取引状況や返済状況がわからないというのは考えられません。取引履歴を開示してもらったら、後は上の計算で過払い金を利息制限法にそった金利に計算しなおすだけです。

check

オーダーメイドのゴルフクラブ
http://www.again3.com/
矯正歯科 富岡
http://www.sugitakyousei.com/
アスクル カタログ
http://asnery.com/

最終更新日:2016/1/22

過払いマニュアルページTOPへ